読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼ ち ぼ ち

キュートなえくぼに恋してる

虹といえば…

最近、ふと思い立ってnoteに登録してみました。(何に使うか用途も決めずに、気になったらすーぐ手を出しちゃう私の悪いクセ)

そのnoteには毎月、ハッシュタグ企画なんてものが催されているようで、ちらりと見てみると今月のお題は”虹”でした。ふむふむ、虹ねえ、虹と言われて思い浮かべるものはなんだろうって思っていると、「Rainbow Dream 輝く未来 僕らが届けて見せる」なんてフレーズが頭を駆け巡りました。

ああ!そうだ、私にとって虹と言われたら、なにわ侍ハローTOKYOだ!!!

(そう思ったらいてもたってもいられず時間がないのに、ごそごそDVDを再生するのが私の悪いクセ)

そんなわけでざざざっと虹や色についての場面を抜き出してみました。

①オープニング

f:id:su_aiueo:20160616214031p:plain

メンバーカラーのロングジャケットで登場。その後、ジャケットを脱いでrainbow dream を歌います。

 

藤井流星がなにわ侍に加わった場面

f:id:su_aiueo:20160616215524p:plain

桐山「新しい色やな。俺らにはない色や。なあ、淳太」

淳太「ああ、俺たちに足りひんかったもんは色や。いろんな色が幾重にも重なって誰も見たことがない色になる。」

桐山「誰も見たことがない色か。俺たちが目指すグループってそういうグループかもな」

 

神山智洋がなにわ侍に加わった場面

f:id:su_aiueo:20160616215320p:plain

虹色の歌を歌う神ちゃん。スクリーンにも虹がかかります。

あの日の虹 今も輝いて

ありったけの 夢を追いかけている

虹色の歌 君に響け

いつまでも 忘れない ずっと

いつだって 一つだよ ずっと

 

中間淳太が寄り道する場面

f:id:su_aiueo:20160616215909p:plain

 淳太「俺があの虹のように日本と世界の架け橋になるんや。そして蜘蛛のように世界中の人々のハートを絶対につかんで離さへん」

 

⑤濵田崇裕がなにわ侍に加わった場面

f:id:su_aiueo:20160616220252p:plain

淳太「俺たちは虹や。七人で七色の虹。雨が降っても、嵐が来ても、その後に必ず大きな虹がかかる。俺たちもそんな虹みたいにみんなの希望になるんや」

重岡「あの道を選んだら正解、あの道を選んだら不正解、そんなんちゃう。自分の信じた道を突き進んでいく。そうしたら希望の虹がかかる、道は開けるんや。」

小瀧「僕らの挑戦はまだまだ始まったばっかりや。これから先、いったいどんな道があるかなんて誰にも分からへん。けどなにがあっても上を向いて歩いていくんや。」

藤井「俺たちは一人じゃない。こんなにも頼もしい仲間がおるんや。どんな困難も乗り越えてみせる。ただひたすらまっすぐに、進んでいくだけや。」

神山「そして、これからの新しい歴史を俺たちの手で作っていくんや。誰にも真似できへん、俺らだけの新しい歴史を」

濵田「これから先、どんな選択をしたとしても、俺は後悔はない。さあ、新時代の幕開けや!」

桐山「よっしゃ、このメンバーで絶対てっぺん昇ったろ!そして、なったろうぜ、新時代の」

全員「七人の侍に!!」

 

⑥エンディング

f:id:su_aiueo:20160616221552p:plain

最後の曲はやっぱりrainbow dream メンバーカラーのロングジャケットを着用してrainbow dream を歌っています。

 

⑦ショータイム

皆さんに重大な報告があります。重岡大毅中間淳太桐山照史小瀧望、そして、神山智洋藤井流星、濵田崇裕、この七人で俺たちはCDデビューすることになりました。自分たちで決めた道です。もう後戻りは、絶対しません。七つの色が一つになるところを、今からお見せします。

重岡「粘り強く、情熱的に」

桐山「ときには明るく、陽気に」

濵田「そして、思いやりを持って」

小瀧「愛情を持って」

藤井「ファンの皆さんに、信頼されるように」

神山「七人の気持ちを、一つにして」

中間「希望を持って、前に進んでいきます」

 

f:id:su_aiueo:20160616222317p:plain

 

f:id:su_aiueo:20160616222408p:plain

 

うっとうしい梅雨の季節、お家でゆったりまったりなにわ侍を鑑賞して、虹を見るのはいかがでしょう(雑)