読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼ ち ぼ ち

キュートなえくぼに恋してる

アイドルしげおかくんに魅せられて ~ネックレスから~

しげおかくんがネックレスをしてコンサート見学していた!!

しげおかくんがネックレスしてるんですよ!”しげおかくんの胸元にきらりと光るネックレス”なんて想像しただけでときめきが止まりませんどうしましょうどうしたらいいの…。

いやはや、ネックレス一つでこんなに胸がざわざわしたり、きゅんってしたりするとは思ってもみませんでした(笑)ううん、嘘。前にもネックレスでざわざわしたことを思い出しました。去年の夏に発売されたgo WEST よーいドン!の初回盤についていたDVDでのことを思い出したのです。

たしか、しげおかくん、その日にDVD収録のカメラが入っていること忘れてたって言ってたんですよね。ダッシュでスタジオまで来たのにカメラ入っててこんな汗だくでやばいって思ったとか言ってたような記憶があります。(曖昧ですみません)(間違っていたらすみません)

で、DVDで写っていたのが、スタジオに入る前にカメラに映らない所で何かを外しているしげおかくんの姿でした。

何を外しているんだろう?え?もしかしてネックレス?ねえ?ネックレスなの???

と今のように動揺したことを覚えています。同時にどうしてカメラがある前ではネックレスを外すんだろう?と、ぐるぐる考えたことも。

そのときに思ったのが、アクセサリーをカメラの前では外すことが重岡大毅くん自身が考えるアイドルしげおかくんの姿なのかなあって。かにしげおかくんとアクセサリーはあんまりピンと来ないというか、イメージしにくくて。だから重岡くんの中にはアイドルしげおかくんの像があるのかなって。その姿を貫くしげおかくんを垣間見たのかなってこのDVDを見たときに思いました。(事実はわかりませんが)

 

で、今回、改めて自分でも答えがでないなあ、不毛だなあと思うことをぐるぐる考えていたのです。

 

アイドルのしげおかくんが作られた偽物なんだとかいうのを言いたいのではなくて。イメージとしては、重岡大毅さんっていう大きな箱があってそこからアイドルをしている時のしげおかくんが引き出されたり、プライベートでは普段の重岡くんが引き出されたりする感じ。大本は同じだから、しげおかくんも重岡くんも一人の重岡大毅さんに変わりはなくて、どれも重岡大毅さんなんだけど、ただ、見せ方が違うのかなって。大本はおなじだから、引用にも書いた通り綺麗に分かれるわけではなくて。むしろ普段感じてる事、考えてることが仕事に生かされてたりしてるんじゃないかなあって思うこともしばしばあるし。

 

で、またまた思い出したのが、私がしげおかくんを好きになって応援したいなと思った頃のことでした。

私ど新規なもので、しげおかくんの事を応援しようと思ったのが、デビュー間近の4月初めの頃でした。歌や踊りの他に、この人はどんな人なんだろう?というのが気になって色々調べた中でわかったことが、シャイで気にしいということでした。

なので、最初、しげおかくんのイメージは笑顔が可愛くて、シャイで恥ずかしがりや、気にしてしまうところがある、ということでした。でも雑誌やらラジオやらなんやらを自分で読んだり見たり聞いたりしているうちに、あれ?なんか違う、イメージと少し違う気がするって思うようになって。

知れば知るほどしげおかくんが分からない、結局しげおかくんってどんな人なの?って思うこともしばしば

いまもしげおかくんの事はわかりません、でも少し前は分からないことが嫌というか、知っても知っても掴めない私がしげおかくんのこんなところが好きって言っていいのかなって思うことがあって…。今はあまり気にしなくなったのかなあ。今もしげおかくんのこと分からないことだらけだけど、今まで知らなかったしげおかくんの姿を見る、発見することが楽しいというか、毎回ときめくので、知らないままでいいやって思うようになったのかなあって思ってます。(っていうか、アイドルじゃなくも友達でも家族でも自分の知らないその人の面があるのは当然だなって)(全部知りたいだなんて傲慢かもしれないなあなんて思ったり)

 

で、既存のイメージと異なるのは、しげおかくん自身が変化していることもあるからなんだなあって今更のように気づくこともあって。年を重ねるごとに、色んなことを経験するうちに、しげおかくん自身の考えや感じ方が変わっていくことに気が付いて(人間なんだから当たり前なんだけど)

例えば、恋愛に関する質問に昔は恥ずかしがっていても、年を重ねれば、何回も同じような質問をされていれば、慣れてしまうのですね。(そりゃそうか)

昔はアクセサリーには興味はないって言っててもだんだん興味を持つことだってあるだろうし、服装だってお洒落に目覚めたりするだろうし。

この人はこの時こう言ってたからこういう人なんだって枠を作って理解しようとしてしまいがちだけど、相手はキャラクターとかお人形じゃなくて人間なんだもの、枠なんて作れないやって思うようになって、どんなしげおかくんもしげおかくんなんだなって思うようになりました。

 

そうとはいえ、重岡くんが自覚的に作り出すアイドルしげおかくんもあるのです。

悪い意味じゃなくて、パフォーマンスとかでもこういう風に見せようとか、こう見せた方が自分が可愛く映る、カッコよく映るって考えてる所だってあるはずで。(もちろん自然体でわちゃわちゃ騒いでるのもアイドルしげおかくんで)

例えばLovelyXmasを神ちゃんと二人でやろうとした時、その理由の一つに俺ら可愛いやんかあって言ってるのとか

どう見られているか、どう見せた方がいいかを考えているのも事実で。(もちろん自分がしたいことをとことんしてる時もあるけど)

(あれ、何が言いたいのかまたまた迷子になってきた)

 

これからも、しげおかくん自身が年を重ねるごとに変化していくところ(もちろん変化しないところ)、自覚的に見せているところ、今まで出してなかったけれど出してくるところ、それらによって緩やかに、気づかないうちにゆっくりゆっくりと私が持っているしげおかくんの像が染められ重ね塗られていくのでしょう。

しげおかくんによってイメージが変えられていくこの感じが好きだから、やっぱりこのままずぶずぶはまっていくのかなあ

確信的なしげおかくんも、自然体のままはしゃぐしげおかくんも、知れば知るほど掴めない色んな顔をもつしげおかくんもどんなしげおかくんも好き!!(結局)

 

毎度毎度まとまりの無い文章ですみません。読んでいただきありがとうございました。